タングルウッド音楽祭 Tanglewood Music Festival ー屋外でクラシック鑑賞

先週末はタングルウッド音楽祭Tanglewood Music Festivalへと行ってきました。
6月下旬から9月上旬までの間、マサチューセッツ州西部バークシャー地方にあるレノックスLenoxの町にある野外音楽場で開かれる音楽祭です。
毎年夏に開かれる恒例行事ですが、1シーズンに35万人もの人が訪れるとのことで、ニューイングランド州を代表するイベントの一つとなっています。

レノックスは「アメリカのスイス」とも呼ばれるリゾート地で、綺麗で落ち着いた街並みと周辺の緑が美しい場所でした。
クオリティの高い雑貨屋があったり、小さなアートギャラリーが並んでいたり・・・ボストンから車で2時間、週末にドライブで訪れるにはいい感じの距離です。

会場脇にある駐車場はなんと広大な芝生の上に直接乗りつけるスタイル。さすが自由の国アメリカ。

森の中に佇む屋根のあるコンサートホールから、周りの芝生までが会場となっており、多くの人は早めに到着してピクニックを楽しんでいます。
僕たちも2時間ほど前に着き、場所取りがてらサンドイッチをほおばり、ビールで乾杯していました。
シートを広げたり、椅子を持ってきたり、パラソルやテントを広げている人まで。

本日は世界的チェリスト、ヨーヨーマYo-Yo Maの演奏ということもあり、芝生の上もいっぱいになるほどの人が・・・しかし、不思議と窮屈さは感じません。
一曲目は、有名なハリウッド映画作品の作曲の多くを手がけたジョン・ウィリアムズJohn Williamsがこの日のために作曲したもので、なんとも贅沢な時間でした。
こちらがホールの内部です。

一方芝生の上では、お酒を飲みながら、少しお喋りしながらも鑑賞できてしまいます。ホールの中にいるより得した気分。
スピーカーを通して音はしっかり聞こえてきており、生音とのズレや違和感などはほとんど感じませんでした。

ディスプレイでホール内の様子が映されていますが、あまり観ている人はいません。

僕の目の前の人に至っては、普通に新聞読んでいます。

ヨーヨーマの演奏をBGMに気持ちの良い睡眠をとっていらっしゃる方達が多数。

このような屋外クラシックコンサートは日本ではなかなかありませんが(一緒に鑑賞したバイオリニストの友人によると、湿度が高いため本格的なクラシックは屋外では難しいとのこと)、近い距離で飾らずに超一流クラシックが聞ける環境はなんとも羨ましいものです。