ブログを書く効果

ブログを書いていると、続けていて良かったなと思う瞬間があります。

1つは友人や知り合いから「いつもブログ読んでいるよ」と声をかけてもらえること。特に日本にいる人に対してはなかなか小まめにメッセージを送ることもできないため、ブログが近況報告の代わりになっています。
また、MBA受験を考えている人の多くはキャンパスを訪ねてきてくれました。HBSは自分のクラスにゲストを連れていくことができるのですが、この1年でのゲストの数はセクションの中でダントツ一番多く、いつの間にか「日本からたくさん人を連れてくるキャラ」が定着したのも副次的な効果です。僕のセクションをビジットしてくれた友人から2人今年の合格者が出たのも嬉しい限りです。

2つめは知り合いでない人と繋がるきっかけができること。例えば、不動産カンファレンスのランチをしている時、たまたま横に座っていた方がアメリカの大学に通っている日本人で、「もしかしてあのブログを書いている方ですか!?」と話が弾み、距離が縮まるきっかけとなったことがあります。

最後の1つは、自分の記憶のアーカイヴとして重要な役割を果たしています。人間の記憶は意外と脆いもので、今から入学当時の記事を読み返してみると、あーそう言えばこんな風に感じていたな、と成長を感じたり初心に戻らされたり、貴重なリフレクションの機会になります。

そのような訳でブログの更新はこれからも続けていこうと思います。そして今学期の反省も兼ねて、来学期はタイムリーな更新を目指さねば・・・!