HLABとミニコラボ

HLABという会社をご存知でしょうか?(HLABのウェブサイト

現在は、高校生を対象としたサマースクールの運営が主な事業です。
ハーバード大学の学生や様々な分野のプロフェッショナルとの交流を通して、参加した高校生が将来設計を行うためのヒントを与えるプログラムとなっています。

この会社を知ったきっかけは、MBA受験を通してでした。
HBS日本リサーチセンター(六本木ヒルズにあるケース・スタディの教材を生み出すための拠点)の方に受験相談をしていたところ、建築設計の知見を必要としている方がいる、と。
紹介されたのがHLABの共同設立者である、小林亮介さんと高田修太さんでした。

アメリカの「リベラル・アーツ教育」を日本で再現していきたい、という熱いビジョンに惹かれ連絡を取り合っていたところ、今回、急にミニコラボできる機会が!
サマースクールの運営スタッフ(大学生)を採用するためのセミナーを弊社、プランテックのオフィスで開くことはできないか、と。
もちろん、どうぞ!

バナー、しっかりデザインされていて格好いいですね。

セミナーは全て大学生スタッフが中心となって進められていましたが、とてもオーガナイズされていて、運営能力の高さに感心してしまいました。

ちゃっかり途中で自己紹介とプランテックグループの会社説明の時間を設けてもらったのですが、熱心に聞いて反応を示してくれる学生たちを前に、リラックスして喋ることができました。

・・・うーん、僕が学生の頃に、参加したかった・・・

「建築に興味あります!」とセミナーの後に話しかけてくれるスタッフの方も多く、「まだ建築も捨てたもんじゃないな」と思うと共に、「期待に応えられる価値を生み出さねば」と気が引き締まりました。

最後にみんなでグループディスカッションを行って終了。
あっと言う間に現状復旧が完了し、みんなで部屋を出ました。

こんな形でうちのセミナールームが役に立つとは。
お金かけて作ったかいがありますね。

HLABは、寮というハードな空間を融合した新たな事業展開を本格的に模索している、とのこと。
ハードと中で起こるソフトの融合は設計者の得意分野。

また、コラボできる機会があるといいな。